遺言の主なスタイルに自筆証書遺言と公正証書遺言のふたつがあります。

自筆証書遺言は全部自書することが必要で、その他にも遺言が民法上有効になるための要件があり、有効になったとしても、遺言内容を齟齬なく自書するのはなかなか難しいものです。

もうひとつの懸念は、遺言が家族によって開かれることなくお蔵入りすることです。あなたが亡くなって何年もたってから「あら、お父さんの引き出しを整理してたら、こんなものが出てきたわ~」ということになりかねません。

これに対し、公正証書遺言は専門家がかかわりますので無効にあることは少なく、あなたが亡くなったあと、家族は公証役場で遺言を検索できます。

いかがですか?詳しくは遺言のページをご覧ください。